腸内細菌

Come and enjoy all that Uvalde has to offer. Our charming little town is located at the crossroads of the nation’s two longest highways, U.S. 90 and U.S. 83. Uvalde is known as the Honey Capital of the World and is famous for its beautiful trees. Uvalde’s bustling downtown has much to offer including museums and historic homes. While visiting the city of Uvalde, don’t miss out on these great attractions.

Visit the Uvalde Convention & Visitors Bureau online.

City History
Uvalde County was formed from a part of Bexar (pronounced Bear) in 1850, and was initially organized in 1853. It was recreated and reorganized in 1856 and named for noted Indian fighter, Juan de Ugalde (pronounced Uvalde). The city of Uvalde, the county seat of Uvalde County, sits on the southwest doorstep of the Hill Country. The nation’s two longest highways, U. S. 90 and U. S. 83 are the crossroads of Uvalde. A host of historic and interesting places make Uvalde a fun place to stay. Museums, art and antique collections, an opera house, and the National Fish Hatchery will all hold your attention.

Activities
uvaldeoneThe Municipal golf course and jogging trail around the Leona River are located in the Uvalde Memorial Park complex and open to the public. Lighted tennis courts are available next to Uvalde High School on Coyote Trail (also known as 2nd street). Both Uvalde Memorial Park and Jardin de los Heroes Park have playgrounds for the kids.

With over 1,100 miles of crystal-clear running streams, Uvalde county is a great place for the water enthusiast. Frio Canyon is that part of the Texas Hill Country which stretches from Concan, in Uvalde County on the Frio River at the intersection of Hwy. 83 and 127, to Leakey (pronounced LAY-key) in Real County. Highway 83 parallels the Frio River for about 18 miles. In this area, collectively known as the Frio Canyon, you will find outfitters, camps and campgrounds, RV parks, restaurants, and the extremely popular, Garner State Park. If you’re looking for peace and quiet, breathtaking scenery, one of the cleanest and clearest rivers in the state, good accommodations, or a wide variety of natural wildlife, then the Frio Canyon fits the bill.

Spring and summer afford fantastic river activities, a multitude of wildflowers and various fun filled outdoor experiences. In the fall Frio Canyon is bathed in the brilliant colors of the season. The crowds of summer are gone. Everything is tranquil and peaceful.

markh1991Championship History
The 2012 Championships will not be the first for Uvalde. The site also hosted the 1991 World Gliding Championships and with the 2012 event Uvalde will have come full circle. An excellent article was written in Soaring magazine regarding the 1991 event and is available in PDF format here (3.5 megs).

Airfield – Garner Field
Garner field (KUVA) will be the site of the 2011 Pre-Worlds and the 2012 32nd World Gliding Championships. Home of the 22nd WGC held in 1991, Uvalde has a long and storied history of championship flying. Known for consistently good conditions and high speeds, Uvalde promises to be an exciting and challenging venue for the 32nd World Gliding Championships.

Competition Area
Uvalde can be a soaring pilots dream with hot days, beautiful clouds, long tasks and high speeds. Located in an area of proven, outstanding and consistent soaring, where flights of 300 to 700 km (186 to 435 miles) are routine with winning speeds often exceeding 144 kph (90 mph) common. The site has hosted numerous Regional and National soaring contests. The task area is divided into distinct areas. To the South of lies flat prairie-like plains and starting on an East/west line about 32 km (20 miles) North of Uvalde is hilly and uneven terrain. The task area is also bordered to the Southwest by Mexico. Ground elevation at Uvalde is 287 m (941 feet) above mean sea level which is reflective of the area to the South, East, and West. To the North lies the Texas Hill Country where the surface rises to meet the Edward’s Plateau with elevations of 610 m (2000 feet) or more. The task area is approximately 443 km (275 miles) long and 290 km (180 miles) wide with Uvalde situated in the middle.

Local Meteorology
Any native Texan will be able to recite the old saying, “If you don’t like the weather now, wait a minute.” This old saw does not typically hold true for Uvalde a region that does not experience a great deal of weather variability from one day to the next. Dry continental air flows off the mountains of West Texas and Northern New Mexico as marine air spreads Northward from the nearby Gulf of Mexico. Renowned for consistently strong soaring weather frequently marked by cumulus, Uvalde is one of the premier contest sites in the world.

If you are a member of the media interested in the World Gliding Championships this is the place to start. Find the rich resource of media information below, download press packs, see prior articles about soaring and find insider background on glider competition, gliders and the history of the sport.

One sport, endless story ideas…
Soaring can be many things, from a leisurely Sunday afternoon flight around the airport to dramatic competition where nature, man and machine blend as one. Soaring truly has endless story possibilities.

Get acquainted videos
The video at right provides a good background on soaring. (Click the image)

For more on World Gliding Competition see the infromative introduction from the recent 2010 WGC held in Szeged, Hungary courtesy of AirSports TV. Great background and story ideas on World Championship Gliding. See it here.

World Gliding Championship Racing
As the most prestigious event in Gliding the World Gliding Championships (WGC) will bring 130 of the best glider pilots from twenty five countries to Uvalde Texas for twelve days in August 2012 to compete for the title of World Champion.

History
The history of gliding goes back to the first days of manned flight. By the early 1900’s the famed Wright brothers were experimenting with gliders and gliding flight in the hills of Kitty Hawk, North Carolina. International gliding events have been held since 1937 with the 2012 Championships being the thirty second of these.

Competitive Gliding
Competitive gliding or soaring as it is called in the USA is all about speed, with the fastest pilot around the course receiving the most points for the day. The pilot with the most points at the end of the 10-14 day competition is the Champion. The competition will be intense with pilots spending 4-6 hours in the cockpit while flying upwards of 300 miles around a weather dependent task which is called each day. Seconds can make the difference between winning and losing.

Competitors
Competition pilots and crews come from all walks of life and compete for the love of the sport. Competitors who go for the gold are there for the pure enjoyment of the sport and the respect of their peers.

Gliders
Racing gliders use highly refined aerodynamics and strong composite structures to achieve very high level of performance. When combined with modern electronics for navigation these craft are the most efficient ever designed.Competitive soaring is all about speed, with the fastest pilot around the course receiving the most points for the day. Seconds count and on some days may make the difference between winning and losing. The pilot with the most points after the 14 day championship earns the title World Champion.

Only a handful of the world’s glider pilots are selected from each country to compete at World Soaring Championships. Competition pilots and crews come from all walks of life and are unpaid participants who compete for the love of the sport. Competitors who go for the gold are there for the pure enjoyment of the sport and the respect of their peers.

腸内細菌叢の人間、旧称ヒト腸内細菌叢は、一連のある微生物(古細菌、細菌、原生生物、菌類ともウイルス)で見つけることができる。

消化管の人間の腸は、細菌だけではない、腸が、全体のものと消化管(胃、腸の動き)の微生物は、最大の貯水池である人間の微生物です。

微生物細胞の数は、ヒト細胞の10倍の数です。

また、微生物の遺伝子の数は、メタゲノムは、上で公開された最初のカウントのために330万に対して後者は22 000ヒトゲノムよりも少なくとも150倍大きい道で消化管を通して、細菌中の濃度勾配が存在します。

最大濃度は10で私達の遠位結腸で達成され腸内細菌叢とそのヒト宿主は一例です。

共生それは、異なる種類の間の協力と言うことです。

組織共生と片利共生と区別するために、すべての人のための利点が関与します。

微生物は、高度な共生関係を引き起こす可能性があり、いくつかの宿主遺伝子の発現を調節することさえできる示している。

健康な個体では、ヒト腸内微生物叢の代謝活動は、人間の生理に完全な臓器を作ります。

腸内細菌叢の存在がなければ、宿主の免疫系は、腸上皮の未熟で不完全な成熟である。

また、ビューの栄養ポイントは、それが可能に発酵させる消化器系食物繊維をし、合成ビタミンが不可欠と呼ばれる。

場合は腸内毒素症(FR)は、その組成物または腸の細菌集団の安定性の変化を言うことである。

微生物は、次のような代謝性疾患と関連し得る2型糖尿病、肥満や心血管疾患さらに、微生物の特定の構成要素が関連付けられている。

慢性炎症性疾患など、クローン病または潰瘍性大腸炎だけでなく、開発にアレルギー及び結腸直腸癌などです。

腸内細菌叢の構造と生態

成人の腸は、約ている1キロ約の先進地域の活性細菌の400メートルの絨毛と微絨毛を腸内に存在する細菌の75%が代謝持って嫌気です。

実験室での文化は、それがツールの関連分子生物学的技術では困難であり、バイオインフォマティクス人間の腸内細菌叢の生態と構造について説明し助けた。

エコロジーと組成

腸内細菌叢は、嫌気性細菌の非常に大多数に形成されています。

古細菌と真菌の量が低くなります。ウイルスと細菌叢に存在するバクテリオファージの多様性は非常に重要なようだが、それが検討されないまま微生物の95%が5細菌門によって表される。

ファーミキューテス(属特にありクロストリジウム属、ラクトバチルス属、プロバイオティクスとして使用(いくつかの株)とユーバクテリウム、酪酸を生産する。

バクテロイデス門(このグループでは、バクテロイデス、プレボテラは複雑なグリカン分子の多種多様を低下させます。

放線菌(このグループがジャンル及びビフィドバクテリウム(いくつかの既知のプロバイオティック株を)プロテオバクテリア、一般的に含む(大腸菌家族の(腸内細菌とバクテリアグループデスルホビブリオ硫黄を減らす。

このグループは最近、それが含まれ、発見された粘液の分解に特化しているように見えます。

上記のほとんどの細菌属 及びビフィドバクテリウム)が支配中の微生物叢の一部です。

などのジャンル大腸菌及びラクトバチルス属は、より少ない量で発見されています。

その他の稀な細菌群としても検出されたフゾバクテリウム、スピロヘータおよび種類の菌が現在知られている。

腸内細菌叢は、カンジダ、 サッカロミセス、 アスペルギルス属、及び ペニシリウム古細菌は、単一の属で表されます。

研究者は、腸内細菌叢が完全体として考慮されるべきであることを示唆している。

我々は必要としない機能をサポートして見事に私たちの生理機能に適応臓器「代謝」あなたのように微生物を見ることができます。

これらの機能は、このような植物多糖類などの我々の食事のそれ以外の難消化性成分を、治療する能力が含まれます。

胃と食道は、その酸性pHの通常「無菌」です。

十二指腸と空腸は、本質的に任意の好気性・嫌気性細菌を回腸は、主に嫌気(10含ま5 10へ8 / mlで)コロンは嫌気性菌が優勢糞便物質が含まれている。

構造と生物多様性

個々の腸内細菌叢では500 1000への微生物種の多様性を持っています。

微生物種の豊富さは、別の一人の個人は異なるが、それは微生物組成物は健康な成人では比較的安定していることと思われます。

農業研究の国立研究所は238に再構成した21腸内細菌のゲノムを2014年前に22、腸内細菌ゲノムの75%が知られていませんでした。

これは、ヒトの腸の細菌生態系の遺伝的内容をより良く理解することができます。

このテーマに関する今後の研究が今より良く、それメタゲノムとして、案内されている(参照メタゲノミクス)を300万人以上の遺伝子、または120倍含まれているゲノムの人間を。これらの腸コミュニティの統計分析は今はるかに正確になります。

系統発生および機能

一人一人が自分の微生物を持っていますが、研究者たちは、人間の系統学的腸内細菌叢のコア形成すべての人が共有する種の数が少ないの存在強調している。

健康な個人は百細菌種を共有しているようです。

この共有セットには、腸内細菌叢の第三の質量よりも表している17。微生物はまた、すべての健康な個人が共有するそのヒト宿主に不可欠な機能の集合です。

これは、微生物中の微生物種のアセンブリはランダムに行われないと思われます。

確かに、と呼ばれる可能性コミュニティの限定されたセットがあるだろう。

これまでのところ、微生物のコミュニティの3種類が記載されている。

バクテロイデス、によって他のプレボテラために属する微生物の属によって支配より複雑化・多様化し、最終的に第三、クロストリジウムする。

患者のコホートで行われ、いくつかの他の研究では、また検出することができた、しかし存在そのものが、まだ議論です。

さらに、それは特定の栄養の使用と関連し得ることが報告された。

バクテロイデスによって支配は、動物性脂肪および/またはタンパク質の高い食事と関連しています。

別の最近の研究では、ヒトに類似したがホストとその微生物間の共進化から来るであろうことを示唆する。

出典:おすすめサプリメント・・・乳酸菌であればなんでも良いというわけではなく、腸まで届く強い乳酸菌である必要があります。腸まで届くためには、胃酸や熱に負けずに大腸までとどくような乳酸菌を選ばれると良いでしょう。

人生の変化

健康な成人では、微生物の主要な構成要素は、安定した状態を保ちます。

しかし、赤ちゃんに、微生物が成熟になる前に人生の最初の3年の間に非常に急速に変化し、それは大人のそれと同じと言うことです。

細菌叢の組成物は、その後、出生後の環境に応じて、経膣または帝王切開、出産のモードによって異なります。抗生物質療法、母乳や牛乳、などです。

定量的には、新生児が急速に中に、特に食品の多様化で、成人のそれとの複合体として微生物である離乳します。

この微生物は、二、三年後の機能のバランスに達した。

いくつかの社会で、祖父は伝統的に生まれたばかりの子供の口に唾を彼の母親との接触から多くの細菌を取得する子供の微生物の構築に貢献できる行動です。

母乳育児は子供にバランス腸内細菌叢に貢献しています。

子供の食事と思春期の組成が強く微生物のことに影響を与えます。

このように、繊維および植物製品の豊富な食事を持つ農村のアフリカの子供たちの糞便細菌叢が少ないファーミキューテスとの高いレートがあり甘い食べ物や肉とイタリアの子供があったが、豊富な細菌叢腸内細菌の電源に適応しているように、両方の場合に表示されます。

食品の多様化から、バクテロイデス門門ファーミキューテスに属する種は、細菌集団の出発数を上回ります。

最後に高齢者では、腸の生態系は、より多くの好気的にできます。

したがって、種を含むプロテオバクテリアの大部分があるエシェリヒア・コリ。一方、ビフィズス菌の減少と多様性の集団が弱くなります。

細菌叢の組成変化は、腸管の部分的な障害に起因することができ、高齢者の栄養不良原因になります。

より一般的には、細菌叢と健康との相互作用に遊びに来てローカルあるいはグローバルな規模での文化的慣習、ライフスタイル、食品パターンである。

腸内細菌叢の役割

一部の著者は、実体として微生物またはその考慮することをお勧め臓器代謝着用者の身体に関連付けられているが、10までの多くの組織からなる。

本体13を持つ集団ゲノム約1000種500を含むことができ、嫌気性細菌によって支配個体は、ヒトのゲノムよりも100倍以上の遺伝子を含むと推定されます。

科学文献では、ヒト腸内微生物叢の四大「機能」があります。

機能の生理:厚さと腸のライニングの更新は、絨毛および刷子縁のサイズは、血管新生は、共調節微生物によるものである。

組織学的変化(刷子縁の腸絨毛およびサイズのライニングの厚さとリニューアル)、高速輸送、血管新生(血流の開発は)細菌叢により共調節されています。

ベースの 免疫:いいえ微生物、免疫系が活性が低いです。微生物は、ある種の炎症性およびアレルギー性疾患に関与している。

機能保護単一細菌種の増殖に対して、またはある他の微生物による腸のコロニー形成に対する細菌の生物多様性の病原性です。

機能消化:非消化性食品材料(例えば、繊維、多糖類の植物)、結腸発酵(消化機能)を介して、微生物によって分解され、ビタミン合成が観察され、微量栄養素同化物質の生物変換健康は利益または脂肪貯蔵影響3する。

より良い微生物とホスト間の相互作用は、したがって改善する方法を理解し、診断、予後代謝性疾患(プロバイオティクス、プレバイオティクス、微生物移植など)のと治療を。探査メタゲノム、ヒト宿主ゲノムの協会とはるかに豊か、微生物のゲノムは、貢献することができます。

食物繊維の消化

いいえ腸内細菌叢ないヒト細胞は、分解に必要な酵素があるので、人間の体は、食物繊維などの複合多糖を使用することはできません。

免疫機能

免疫系が認識し、ローカルまたは外来分子の存在に応答する責任があります。

それは、免疫系の特定の機能は、その微生物と比較したヒト宿主に関連していると思われる。

いくつかの共生細菌種は、炎症性疾患の発症を予防する能力を示しました。

微生物はまた、特定の条件下で炎症を誘発することができる微生物を含んでいる。

したがって、プロおよび抗炎症反応を注文する可能性があります。

腸内細菌叢の組成物は、免疫系の適切な機能に関連している可能性がある。

腸(IBD)の慢性炎症性疾患

慢性炎症性腸疾患における腸内細菌叢の人間の役割が検討されていません。

しかし、特定の細菌の構成要素は、クローン病と関連すると思われます。

細菌感染をリードする場所抗生物質およびその半合成および合成類似体および誘導体の近代的な化学療法で今日、彼らはセルフメディケーションを有するものを含む、すべての人のために利用可能です。

側によって抗生物質の効果は、腸内毒素症が含まれます。部分的に乳酸菌の異なる株からなる、ヒトの微生物叢のための有用な抗生物質の作用によって殺されます。

その理由腸の腸内毒素症は、抗生物質の長期化、制御されていない使用することで、特に広域スペクトル、正常な腸内細菌叢を阻害し、これらの抗生物質に耐性である微生物の発展に寄与することができます。

乳酸発酵 – 乳酸菌、疾患の原因となる微生物の開発に対する体の戦いを助け、腸、わずかに酸性の環境を作成し、乳酸、の中での行為、最終製品の結果として、炭水化物の嫌気的酸化のプロセスは、喉の渇きを癒す、食欲を刺激し、消化管の運動性を高める、腎機能を改善します。

いくつかのケースでは、これらの製品は、全乳のビタミンが非常に豊かです。

乳酸菌によって分泌される酵素の影響下で、乳タンパク質は、部分的に分解され、より容易に消化可能となります。腸内毒素症とき乳酸菌の活性が抑制されます。

仮説:私たちは、抗生物質が人体に住んでいる乳酸菌の生活に影響を与えるという仮説を立て、彼の研究でそれを確認することを決めました。

目的:する乳酸菌に対する抗生物質の効果を調べます。

目的: 1.原子間力顕微鏡の研究のための乳酸菌のサンプル調製のための方法論を開発します。

2.抗生物質にさらされる乳酸菌形態学的又は量的変化を追跡するために、原子間力顕微鏡(AFM)を使用した。

3.乳酸菌感覚刺激や楽器法の生命活動に対する抗生物質の効果を調べること。

研究のテーマに取り組んで、私たちは、抗生物質は乳酸菌の形態と同様に、再生彼らの率への影響を変更することができるという仮説を立てました。

力顕微鏡 – 私たちの仮説を検証するために、我々は原子によって抗生物質への曝露ととすることなく、乳酸菌の形態学的および定量的影響を探求する機会を使用していました。

私たちは、研究のためのサンプルを用意しました。

乳酸菌の三種類を含む製剤の内容物は、注射用水でバイアルに注ぎました。

2.ボリューム得られたスラリーを2つの部分に分けました。

スラリーの一部を室温で3時間放置しました。第二は、サンプル番号2を調製しました。

3.(アモキシシリン三水和物準備)私たちが最初に抗生物​​質を溶解した水とバイアル中(抗生物質の影響を受けてきた細菌と)第二試料の調製において、その後、溶液を数滴は、細菌懸濁液の第2部分にスパイクし、また、3室温で放置しました時間。

4.ピペットを使用して、形成された沈殿物の一部を取り、カバーガラスに塗布し、自然乾燥させました。

研究試料は、抗生物質は、細菌によって使用される外部の構造を変化させなかったことを示しました。

それらは、球状形状及び寸法を保持していました。

しかし、その抗生物質に暴露した後の試料の表面の単位面積当たりの数がはるかに少ない明らかです。

したがって、抗生物質の影響下で乳酸菌の再生速度を変更しました。

このような抗生物質の曝露、およびプロデューサーは、薬物の薬物動態を記述する、と述べました。 乳酸発酵乳製品を製造するための基礎です。

乳酸で形成され、小さなフレークの形態で、そのタンパク質の出ているミルクの酸性度を増加させます。血餅が多かれ少なかれ固形の稠度を形成されているミルクを凝固します。

降水量は、pH 4.6で開始します。したがってカゼイン(乳タンパク質)を沈殿させました。

発酵乳発酵 – 我々は、抗生物質は、乳酸菌の最も重要な重要なプロセスの一つの強度に影響を与えるという仮説を立てました。

牛乳の凝固の速度は、あなたは、細菌の生命活動の強さを判断することができます。

エンテロコッカスフェシウムおよび抗生物質の暴露後に 次の操作を行って、乳酸発酵官能的強度を研究するためにに溶解しました。

ミルクは48時間室温で立っていました。

凝固した抗生物質牛乳なしの容器中2日後、それは乳酸菌の精力的な活動の結果である、と抗生物質ミルクコンテナはあっても、4日後凝固させると爽やかな香りを保ち、見ていません。

したがって、抗生物質の発酵は、成長と分裂を含むサワーミルクの強さと全体としての生活の全体を、減速しました。

我々は、電子センサーのpHを使用した乳酸発酵の強度を調べました。

我々は、以下の結果を得た、コンピュータプログラム及びpHセンサを用いて計測器電子デジタルバーニアラボの助けを借りて、乳酸菌の活性を測定することができました。

乳酸発酵の強度 新鮮な牛乳のpH 発酵乳のpH (48時間後) (48時間後)のpHを有する抗生物質牛乳これらの研究は、塩(クエン酸塩およびリン酸塩)、タンパク質および二酸化炭素が含まれているため、新鮮な牛乳は、わずかに酸性の反応媒体を有することが示されました。

乳酸菌の活性は、乳酸菌によって形成された酸性度のレベルの増加につながっています。

乳酸で形成されたが、他の望ましくない微生物の開発のための不利な条件を作成し、牛乳の酸性度を増加させます。

牛乳の抗生物質の酸性度は、室温であっても立っての48時間後に有意に変化しませんでした。

したがって、抗生物質は、乳酸菌の生命活動のプロセスを遅く:乳酸の再生、栄養、生産 したがって、私たちの仮説が確認されました。

我々は、抗生物質は、乳酸菌の生活に影響を与えることを示しています。

結論: 乳酸菌の形態で目に見える変化は、抗生物質を引き起こさない、力顕微鏡 – 研究の結果1は、原子上で私たちによって行わ。

抗生物質に曝露された乳酸菌を生きる2.能力が低下します。

これは細菌の分裂、乳酸発酵のほぼ完全な停止を遅らせるに現れます。

不純物プレゼンテーション3.製品は、長い抗生物質を維持することができますが、それは体の正常な微生物叢を抑制することにより、人間の健康に悪影響を与える可能性があります。

この研究の結論は、健康上の懸念として、みんなのために関連しています。